スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ハブのグリスアップをサボった結果です

 ロングライドに使用しているロードバイクのホイールはシマノのWH-RS80Aなのですが、購入してから約7000kmを過ぎるまで全くベアリング部分のグリスアップをしていませんでした。さすがに気になって、ベアリングのグリスアップをしようとハブを分解してみると。。。。

シマノWH-RS80Aのベアリング部分の虫食い

 後輪右側(スプロケット側)のロックナットが見事に虫食いになっていました。後輪左側や前輪の左右は全く問題なく、グリスもしっかりと残っていたのですが、右側だけが完全にグリスが流れ出てしまい、このような状態になっていました。
おそらく、何度かチェーンを掃除するときに、リヤハブを取り付けたままパークツールのチェーンギャング(アマゾンのリンク)を利用していたので、クリーナーがハブのベアリング部分に回り込み、グリスを流してしまったのだろうと思います。
 幸い、フリーボーディーの内側にあるカップ側も、ハブの玉も目で見た傷はありませんでしたので、このロックナットだけ交換するときにします。シマノの凄いなと思うところは、すでに生産中止されたホイール(最新はWH-RS81になった)でも、スモールパーツがきちんと入手できることです。WH-RS80Aの後輪のパーツ図をみて、部品番号Y4GW98110、Right Hand Lock Nut Unitを購入することにしました。
 パーツがなくならないよう、ジップロックの袋に各パーツを入れて、ロックナット到着まで待つことにします。

シマノWH-RS80Aのパーツ

関連記事



















管理者にだけ表示を許可する


Page Top↑

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

メールを頂ける際は以下から

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。