スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




路側帯は左側通行です

自転車は車道上はもちろん左側通行ですが、路肩も路側帯も左側通行になります。
私を含めスポーツ自転車に乗っている方々は、右側通行の自転車に対して非常に危険と迷惑を感じて、ことあるごとにSNSやブログなどで左側通行の徹底を呼び掛けています。ですがスポーツ自転車に乗っている方々も、自分たちの都合によって右側通行をされる方が、まだまだいらっしゃるようです。

ビデオで紹介したところは、大阪や京都のサイクリストでは比較的人気のある淀川河川敷から木津八幡自転車道の御幸橋に至る箇所なのですが、京都から大阪に走るときは、淀川河川敷の入り口が右側にあることもあって、車道の右側を通ったほうがアクセスが良いです。
この場所には良く訪れるのですが、残念ながら今まで京都から大阪向きに通ってくる自転車は全て乗車状態で走ってきており、自転車を降りて押して歩いている方を見かけたことがありません。

御幸橋
スポーツ自転車に乗っている人が、ルールを知らない、知っていても知らないふりをして守らない人々の規範となるよう、たとえわずかな距離でもきちんと左側通行を守りましょう。
関連記事



















管理者にだけ表示を許可する


Page Top↑

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

メールを頂ける際は以下から

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。