スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




OGK(オージーケー)のSTEAIR(ステアー)を購入

現在使用しているヘルメットはOGKのOGK(オージーケー) REDIMOS レジモスなのですが、そろそろ使用期限の3年も過ぎて、何度か手元から落としてしまったこともあり、交換することにしました。で、私の場合、悩むのがヘルメットのサイズ。私、頭が小さいんです。どれぐらい小さいかというと、レディースサイズのS/Mでも大きいことがほとんど。少し前に店頭にあったOGKのREGAS-2 LADIES(リガス2レディース)を被ってみたのですが、後頭部のアジャスターを目いっぱい締めても、まだユルユルで額とヘルメットの間に指が入るか入らないか程度の隙間があります。

OGKのMOSTRO-RのS/Mサイズなら、ちょうどフィットするのですがお値段が高い。まぁ、命がその値段で救えるのなら安いものですが、多少風通しが悪くても、重量も少し重くても構わないからもう少し安いものはないとか、悩みながら探していたところ、少し前(?)にSTEAIRが発売され、店頭に並んだ時期に被ってみたところ、アジャスターの閉まり具合も余裕がありました。これなら使用してしばらく後に前頭部と後頭部のスポンジがへたってきても、まだアジャスターで締めることができそうでした。値段はMOSTRO-Rよりは安いから、仕方ないですね。ここらあたりで妥協しました。

で、今まで使用したREDIMOS(レジモス)とSTEAIR(ステアー)を比較してみました。
OGK(オージーケー)STEAIR(ステアー)とREDIMOS(レジモス)を正面から
左がSTEAIR、右がREDIMOSです。


REDIMOSのいかにも速そうで、刺々しく尖ったシルエットに比べて、STEAIRは刺々しさがなく、比較してみると丸みがあります。
今度は斜め前方から比較してみます。
OGK(オージーケー)STEAIR(ステアー)とREDIMOS(レジモス)を斜め前方から
更に横から比較してみます。
OGK(オージーケー)STEAIR(ステアー)とREDIMOS(レジモス)を横から比較
この角度から見ると、後頭部のイメージがずいぶんと違います。REDIMOSは何か刺さりそうなイメージですが、STEAIRはそれほど攻撃的には見えませんね。
真後ろから比較してみます。
OGK(オージーケー)STEAIR(ステアー)とREDIMOS(レジモス)を後ろから比較
フラッシュをつけて撮影したので後頭部の反射シールが光っています。
後頭部のXF-3アジャスター部分を拡大します。
OGK STEAIR(ステアー)のアジャスター部分外側から
OGK STEAIR(ステアー)のアジャスター部分内側から
OGKのアジャスターは海外モデルの物に比べてノッチが細かいのですが、このXF-3のアジャスターもノッチが非常に細かく、締めれば締め過ぎ、緩めれば緩すぎということがなく、ちょうどよい締め具合に調節できるので、とても気に入っています。
瞬間消臭素材「MOFF」のストラップ部分です。たしかREDIMOSのストラップも瞬間消臭素材とうたわれていました。確かに、ストラップ部分が最後まで汗臭くなることはありませんでしたが、初期のMOFFを使用したストラップは素材が固く、いま一つフィット感に掛けていましたが、STEAIRのストラップは厚みがあり、かつしなやかな素材でフィット感は良好です。
OGK(オージーケー) STEAIR(ステアー)の瞬間消臭素材「MOFF」のストラップ
瞬間消臭素材「MOFF」
で、肝心の使用感ですが、REDIMOSと比べてそん色はありません。風通しは、当時の最上級モデルのREDIMOSに比べると若干劣りますが、真夏の36度前後の河川敷を走った時も、特に頭部が厚いと感じることはありませんでした。
OGKのSTEAIRは特に頭の小さい方にはおすすめです。




関連記事



















管理者にだけ表示を許可する


Page Top↑

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

メールを頂ける際は以下から

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。