スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




逆走で突っ込んできて、路肩側を固辞する自転車

逆走で突っ込んできた自転車
自転車が逆走で突っ込んできたときは、正面衝突を避けるために、路肩側に避けるようにしています。それは、逆走する自転車が逆走から斜め横断して順走に転じたときに正面衝突する危険性があるためです。なにせ、相手は基本的な左側通行すら守らないのですから、それ以外の法律を守るという保証は一切ありません。そのため、私は逆走自転車に遭遇した時は、道路の左端に一時停止して、相手をやり過ごすことにしています。

ほとんどの相手は、こちらが左端に停止すると、申し訳なさそうに私の右側、つまりお互いの左側を通過していくのですが、たまに頑として左端(路肩側)を譲らない相手がいます。今回もそのような相手に遭遇しました。
自転車の前後にカメラを取り付けているので、後方のカメラを見ていただくとわかりますが、まさにすれ違おうとしているときに、私の後方から自動車が追い越しをかけています。もし、私が右側に避ければ、追い越してくる自動車に追突される危険性もあります。

しかも、こちらが道路の左端に停止しても、私を睨み付けて、頑として左端を譲りません。
自転車で逆走してきて、相手を睨み付けて左端を譲らない女性、
結局、私が後方確認の後、危険な道路側に避けて、すれ違うことになりました。狭い道での自転車の逆走は絶対にやめてほしいです。
関連記事



















管理者にだけ表示を許可する


Page Top↑

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

メールを頂ける際は以下から

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。