スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ペダルをPD-M530に交換しました

歩きやすいという理由で、ビンディングペダルはシマノのSPDペダルのPD-M520とPD-M530を使用しています。両者の違いについては『ペダルをPD-M530に交換』『PD-M530とPD-M520ペダルの踏み面を比較
通勤用のロードバイクにはPD-M520を使用していましたが、ペダルを交換してから約2年間、平日はほぼ毎日乗っていること、市街地で乗っていることなどから、クリートのキャッチ面が磨耗して固定が甘くなってきました。

最初はスプリングが緩くなったのかと思い、固定強度を上げてみましたが、状況は変わらず。注意深くペダルを回してみると、どうやらペダルの中でクリートが前後に動いている様子です。
これはさすがに調整しようもないので、新しくペダルを新調しました。
シマノ SPDペダル PD-M530
購入したのは、私が愛用しているPD-M530です。Amazonでも2700円前後、クリート付での値段です。SH-51のクリート単体でも1300円前後ですから、ペダル単体では1400円の計算になります。シマノはたまに値段設定が良く分からない製品があります。この値段なら、クリートを買うより、セットで買って、ペダルは予備において置いても良いのではないか思います。

交換の結果、どうやらペダルの中でクリートが前後に動いている感じは完全になくなりました。上位グレードのペダルの耐久性は不明ですが、2年ごとの交換であれば、ペダルのグリスアップもしなくていいし、非常にお手軽だと思います。






★楽天でPD-M530を検索★


関連記事



















管理者にだけ表示を許可する


Page Top↑

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

メールを頂ける際は以下から

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。