スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ロードバイクのチェーンにハンマーオイルを注油しました

ロードバイクに注油するオイル(ケミカル)はハンマーオイルがお気に入り
チェーンに注油といっても、もちろん初めてではありません。諸先輩方と同じく、チェーンに使用するオイルは何種類か試しました。過去には、『KURE CRC 高粘着潤滑スプレー 自転車通勤用のチェーンオイルは長持ち優先』の記事で紹介したように、とにかく長持ち優先、汚れは二の次という基準で選ぶこともありました。今でも、KURE CRC 高粘着潤滑スプレーは、雨の日の通勤用に使用しているクロスバイクのチェーンに使用しています。

晴れの日の通勤用兼3本ローラー用のロードバイクにもKURE CRC 高粘着潤滑スプレーを使用したことがありますが、まるでグリスを塗ったかのごとく汚れる様子はあまり気持ちの良いものではありません。耐久性も悪くはないのですが、通勤とローラーで一週間で250km~300km走るのも珍しくないので、1週間持たないこともありました。

そこで、最近使用しているチェーン用のオイルは、冒頭のハンマー専用オイルです。

ハンマーとは、電動あるいは圧縮空気でとがった先端工具を振動させて、コンクリートなど硬いものを衝撃で破壊するときなどに使用する工具のことです。自分で使用したことがないので、詳しくは分かりませんが。ハンマー専用オイルとは、この工具に使用するためのオイルのようで、非常に粘度が高くISOの粘度グレード(VG)で100という、かなり粘り気の強いオイルです。さらにハンマー用オイルには、表面のすべりを良くする(らしい^^;)二硫化モリブデンというものが添加剤として入れられており、この二硫化モリブデンのために、オイルには黒い色がついています。

ロードバイクに注油するオイル(ケミカル)はハンマーオイルがお気に入り(拡大)

ISOの粘度グレード100には、他にチェーンソー用のオイルもありましたが、これは使ってみると、納豆のように糸を引くので、ディレイラーやプリー、スプロケット、チェーンリングの付近が糸を引いたオイルが付着して、ベトベトなり、とても自転車用として使えたものではありませんでした。(まだ1リットル丸まる余ってるんだけど、どうしよう)

ハンマーオイルは、チェーンソー用のオイルのように、糸を引くこともなく、普通に使えます。なお、二硫化モリブデンのために黒い色がついているといっても、チェーンにつける量では、チェーンに注油した直後に真っ黒になるということもありません。

1リットルのサイズで購入すると、購入した容器そのままでは、チェーンに注油しにくいので、冒頭の写真のように小分けして使用しています。この写真の容器は、先端の穴が小さく、注油するときに出しすぎることがないので、使いやすいです。
よく、チェーンには一こま、一こま注油する。などといわれていますが、どのように注油するか言葉では分かりに行くので、動画を撮影してみました。

動画で見ていただくと一目瞭然、どのように注油しているか分かりやすいと思います。また一こま一こまに注油する量も、非常に少ないです。今回使用しているオイルは粘り気が強いので、容器から一滴垂らすというよりも、オイルを擦り付けるという感じになります。一滴落ちるまで垂らすと、オイルが多すぎます。

また、注油した後は余分なオイルをふき取る。とも言われますが、このふき取るが曲者です。ふき取るときは、ウエスでチェーンを挟んで、クランクを逆回転させるなどしている方が多いと思います。この方法では、かなり念入りにふき取ったつもりでも、走ってみると、チェーンから飛び散ったオイルがリムにべっとり着いている経験は一度や二度はあると思います。

実は、チェーンについた余分なオイルはふき取るのではなく、『吸い取る』ほうが飛び散りにくいです。
用意するのは繊維が毛羽立ちにくいウエスか使い捨てのペーパータオルです。
チェーンに着いた余分なオイルはふき取るのではなく『吸い取る』、まずウエスを用意する

これを4枚重ねになるように折りたたんで(上の写真はすでに折りたたんでいます)、更に二つ折りにして、チェーンを上下から挟みます。このあと、指でウエスを上下からチェーンに押し付けて、チェーンから染み出たオイルをウエスに染み込ませます。1コマにつき1秒か2秒ほどウエスを押し付けていれば、コマから染み出したオイルが自然とウエスに吸い取られていきます。(このときクランクを回すなどして、ウエスの中でチェーンを滑らせない)
チェーンに着いた余分なオイルはふき取るのではなく『吸い取る』、ウエスでチェーンを挟んでウエスを押し付ける
今回のウエスでチェーンの8から9コマ程度の幅があるので、ウエスを動かさずに押さえる指を動かして、隣、さらに隣のコマへと順番にチェーンを抑えていき、オイルを吸い取ります。
チェーンに着いた余分なオイルはふき取るのではなく『吸い取る』、ウエスでふき取った跡
このようにして、ウエスの幅だけチェーンのオイルを吸い取ったら、ウエス一枚分の幅だけチェーンが移動するようにクランクを少し回して、更にチェーンのオイルを吸い取ってきます。

チェーンの長さだけオイルを吸い取ったら、いわゆる余分なオイルとふき取りは完了です。このようにすれば、走り出して、直ぐにリムにオイルがべったりと付着するということはかなり防げます。まぁ、それでも完璧にチェーンから飛び散るオイルを防ぐことはできませんが、ハンマー用オイルと、このオイルと『吸い取りさえしてあれば、毎日乗っても2~4週間ぐらいはリムを掃除しないで乗り続けられます。

肝心のハンマー用オイルの耐久性ですが、今まで使用したどのオイルよりも耐久性に優れています。1週間~10日ぐらいは、毎日使用しても、十分にチェーンにオイルは残っています。さすがに10日ぐらい、距離にして300~350kmぐらい経過すれば、ローラーに乗っているときに、チェーンの音が気になってくるので、注油します。それでもオイル切れで軋み音などがすることはありません。

毎日ローラーや長距離を通勤している方は、ハンマー用オイルを試してみればどうでしょうか?






★楽天でハンマーオイルを検索する★

関連記事



















管理者にだけ表示を許可する


Page Top↑

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

メールを頂ける際は以下から

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。