スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ザムストZW-5 自転車でも使える腰用のサポーター

先日の記事『腰痛再発しました』に報告したとおり、再発した腰痛ですが、まだ少し痛みは残っています。今までの腰痛経験からあと一週間くらいは、痛みが残ると思います。もちろん、痛みが取れるまで自転車通勤は控えておこうと思います。

かなり痛みは軽くなってきましたが、長い時間座った後で立ち上がるときに痛みが残ります。仕事がデスクワークですので、座っている最中に傷みがひどくなれば、愛用している低周波治療器でマッサージしながら仕事をしています。低周波治療器に興味があれば、以前作成した『オムロン低周波治療器が腰痛の緩和に良く効きました』もご覧ください。

今まで、何度となく腰痛に苦しんでいますので、腰に巻くサポーターもいくつか所有しています。その中で、自転車に乗るときに使用しているサポーターがあります。それは、ザムストのZW-5(メーカーサイト)というサポーターです。
ザムストZW-5腰用サポーター
腰痛予防のサポーターはいくつかありますが、私がこのサポーターを気に入っている理由は、身体を前屈しやすいことです。

腰痛予防のサポーターは、比較的高さがあるものが多いです。サポート時の安定性を考えれば、高さがあるほうが、腰周りをがっちりと固定できて、痛みの軽減にも繋がります。通常の立って行うスポーツなどでは、サポーターの高さが問題になることはないのですが、深い前傾姿勢をとるロードバイクなどのスポーツ自転車の場合、サポーターの高さがあると、みぞおち付近を深く圧迫されすぎたり、痛みが出てきたりします。

私が愛用しているZAMST/ザムスト 腰用サポーター ZW-5(Amazonリンク)は、腰用サポーターの中でもかなり高さを押さえた製品で、メーカーのサイトでは「ミドルサポート」と称されています。

ザムストの腰用サポーターにはZW-1、ZW-3、ZW-4とありますが、近くのスポーツショップで試着したところ、ZW-1は高さが少なく、腰のサポートよりも、骨盤を締め付けて安定させるためのサポーターという感じでした。またZW-3とZW-4も動きやすさは確かにあるのですが、お腹の前でベルクロを貼り付けて巻くだけですので、ちょっとサポート力が弱いように思いました。

ZW-5は、ベルクロでサポーター全体を巻いた後に、さらに補助ストラップで固定力の加減ができるので、調節しやすいです。ZW-4はZW-5から補助ストラップを外しただけですので、ZW-5でも補助ストラップを緩めた状態で使えば、ZW-4と同じ装着感にできます。

と言葉で書いただけでは、うまく表現できないので、装着した様子を撮影してみました。装着者のモデルは私本人で、身長170cm、体重71kgです。はい、もちろん言われなくても「デブ」です。腹も出っ張っています。恥ずかしいですが、同じ腰痛を抱える自転車乗りの人のために、恥を忍んで写真を公開します。
まずは装着した後姿から
ザムストZW-5腰用サポーター 装着時の後姿
続いて真横からです。
ザムストZW-5腰用サポーター 装着時の横から撮影
あぁ、見苦しい。。。。
腹肉がサポーターの上から出っ張ってる(涙)
見苦しいですが、Photoshopでの修正は我慢しました。

これだけだと他のサポーターとの違いが良く分かりませんので、整形外科医で買った医療用の腰用サポータを同様に撮影しました。まずは後から。
医療用の腰用サポーター 後ろ姿を撮影
続いて横から
医療用の腰用サポーター 横から撮影
あっ、こっちのほうが腹の出っ張りが目立たない(笑)

撮影のために、服の上から装着しましたが、実際には下着の上から装着するのが基本です。お間違えのないように。
ザムストのZW-5と医療用のサポーターを比較すると、高さの違いが良く分かると思います。なおZW-5の後ろ側の高さを測ってみると17.5cmでした。
ザムストZW-5腰用サポーター 背面の高さ

医療用のサポーターは股関節の少し上からみぞおちの真下までがっちりと固定されています。また背中にも弾力のある金属の補強が入っていていますので、これを装着すればかなり痛みは緩和できるのですが、いかんせん固定力が高すぎて自転車に乗るには不向きです。

さらに、股関節の直ぐ上から巻かれているので、座ったり立ったりを繰り返していると、サポーターがずり上がってきてしまいます。ザムストのZW-5は高さが押さえられている分、ほとんどずり上がってくることはありません。これは、ZW-5には、腰の両側に滑り止めのネット状のゴムを貼り付けているのも関係していると思います。医療用のサポーターには滑り止めなどの対策が一切施されていませんから。
ザムストZW-5腰用サポーター 内側の滑り止め部分
滑り止め部分を拡大
ザムストZW-5腰用サポーター 滑り止めの拡大写真
急性期は安静第一、動けるようになったら医師の診断を受けることは大前提ですが、腰痛の不安を抱えている自転車乗りの皆さん、一度サポーターを検討してみてはいかがでしょうか?

Amazonへの商品リンク
(ザムスト)ZAMST ZW-5 ミドルサポート コシ S 407501
(ザムスト)ZAMST ZW-5 ミドルサポート コシ M 407502
(ザムスト)ZAMST ZW-5 ミドルサポート コシ L 407503
(ザムスト)ZAMST ZW-5 ミドルサポート コシ LL 407504


★楽天でザムストZW-5を安い順に検索★


関連記事



















管理者にだけ表示を許可する


Page Top↑

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

メールを頂ける際は以下から

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。