スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




PD-M530とPD-M520ペダルの踏み面を比較

ペダルをPD-M530に交換で、PD-M530とPD-M520の比較を行いましたが、実際にペダルを取り付けて、シューズを固定したときの踏み面の比較を行いました。
まずは今まで使用していたPD-M520にシューズを固定したときの裏側の様子です。
シマノ SPDペダル PD-M520とシューズとの踏み面の様子
ペダルの小ささから予想できていましたが、こうして裏側から写真に撮ってみると、シューズと接している面は非常に少ないですね。
続いて、PD-M530にシューズを固定したときの裏側の様子です。

シマノ SPDペダル PD-M530とシューズとの踏み面の様子
フラットペダルほどの面積はありせんが、PD-M520と比べてかなりシューズと接している部分が大きいですね。
続いて、同様に裏側を斜めから撮影してみました。
シマノ SPDペダル PD-M520とシューズとの踏み面の様子(斜めから)
こうしてみるとPD-M520はクリートの左右の僅かな部分しかシューズと接していません。
同様にPD-M530を撮影してみました。
シマノ SPDペダル PD-M530とシューズとの踏み面の様子(斜めから)
撮影した角度が少し異なるのはお許しを。シューズのソールパターンを見てみれば分かりやすいと思いますが、
PD-M530はクリートの左右かなりの部分がシューズと接しています。写真で見ると、それほど大きな違いはないように見えますが、踏んだときの安定感はかなり向上しています。
さらに今度はシューズの正面側から撮影してみました。
シマノ SPDペダル PD-M520とシューズとの踏み面の様子(正面から)
この角度がシューズと接している部分が一番分かりやすいと思います。ご覧のようにPD-M520では、接している面が非常に狭いです。
シマノ SPDペダル PD-M530とシューズとの踏み面の様子(正面から)
PD-M530とシューズの踏み面を正面から撮影しました。上のPD-M520と比較すると、シューズと接している面が非常に広いのが分かりやすいと思います。

また、この写真からPD-M530では前後に出っ張っているケージの部分は実はシューズと接していないことが分かります。シューズと接していないケージ部分は、不要かと言えなくもないですが、このケージがあることで、ペダルをシューズでキャッチしやすくなっています。両面にビンディングがあるSPDは、シューズでペダルを拾いやすくストップ&ゴーの多い市街地では非常に使いやすいです。レースに出ずツーリングしかしない私がSPDを選択している理由でもあるのですが、PD-M530では、この前後に出っ張ったケージがあることで、さらにシューズでペダルが拾いやすく、足をペダルに置けば、自然に固定される点が非常に気に入りました。

レースに使うには、あまりメリットはありませんが、非常に安いこと、ペダルを踏んだときの安定感が抜群に良いこと、シューズの着脱が非常に楽になること。など日々の通勤やロングライドでは非常にメリットが多いと思います。SPDをロードバイクに使用されている方は、ぜひ試してみてはどうでしょうか。とってもお薦めです。






★楽天でPD-M530の最安を検索する★


関連記事





私もM530使用しています。踏み面が大きいので安定します。重たいのが欠点で、さらにSPDシュ-ズが重いのでSPD-SLと比較すると加速するときとヒルクライムで疲れます。レ-スだとSPD-SLお勧めですがSPDは歩くこともできるので何かあった時はこちらのほうが便利で、使用されている目的にはマッチしていると思います。
by: 六丁峠 * 2012/07/20 17:19 * URL [ 編集] | UP↑















管理者にだけ表示を許可する


Page Top↑

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

メールを頂ける際は以下から

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。