スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




HOZAN C-356 インナーワイヤープライヤー - タイラップ(インシュロック)の締め付けに便利

最近、気に入っている工具があります。HOZANのC-356 インナーワイヤープライヤーという工具です。
HOZAN C-356 インナーワイヤープライヤー

ロードバイク用というよりは、子供の自転車と嫁の電動アシスト自転車のワイヤー張り替えように購入した工具です。ブレーキやシフトワイヤーのインナーワイヤーを交換するときは、ワイヤーを引っ張りながら、ワイヤー固定ボルトを回さなくてはいけません。

ロードバイクなどでは、キャリパーのばねが緩めですので、 インナーワイヤープライヤーなんて必要ありません。ですが、軽快車や子供用の自転車、とくにリヤのドラムブレーキは、ばねが強めで、片手でワイヤーを引っ張りながら、もう片方の手でワイヤーの固定ボルト(しかも6角ボルト)をまわすのは、意外と手間取ります。そんなとき、このインナーワイヤープライヤーがあれば、片手で簡単にワイヤーを引っ張れるので、とても便利です。

インナーワイヤープライヤー、ちょっと写真では分かりにくいので、ワイヤーを挟んで引っ張る様子をアニメーションGIFにしてみました。

HOZAN C-356 インナーワイヤープライヤーの動作の様子

ですが、私がお薦めしたい理由は、ロードバイクなどのスポーツバイクでも、このインナーワイヤープライヤーがとても役に立っているからです。それは、タイトルに書いたとおり、インシュロックあるいはタイラップと呼ばれるナイロン式のバンドを締め付けるときに使えるからです。

スポーツバイクでは、スピードメーターの本体やスピードセンサー、ケイデンスセンサーあるいはGPSホルダーの固定など、意外とインシュロック(タイラップ)を良く使います。このタイラップ、簡単に締めることは出来ますが、意外ときつく締めるのは難しいです。片手でロック部分を押さえながら、もう片方をペンチで引っ張って締めなければいけません。で、締め方がゆるいと走行中にスピードメーターのセンサーがずれて検知しなくなったり、雨の日にスピードメーターが傾いたりします。

そんなとき、このインナーワイヤープライヤーがあれば、確実にきつく締め付けることが出来ます。締めるときは、締めすぎてバンドが千切れないように手加減しないといけないぐらいです。

先日、GPSのマウントホルダーの場所を移すことがあつたので、そのときの様子を撮影しました。
HOZANのC-356 インナーワイヤープライヤーの使用例
画像をクリックすると、幅1024pixelに拡大します。
このようにインナーワイヤープライヤーでタイラップの片方を挟み込んで、ペンチを握ると、手で閉めるより遥かに簡単に早くかつ、強く締め付けることが出来ます。HOZANのは、価格的にもそれほど高くはないと思いますので、工具箱に一つはあってもよいと思います。


  



★楽天でインナーワイヤープライヤーを検索する★
Yahooショッピングでインナーワイヤープライヤーを検索する


関連記事



















管理者にだけ表示を許可する


Page Top↑

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

メールを頂ける際は以下から

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。