スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




真夏のロングライドに-食 塩錠


昼間の気温が35度を越える猛暑日に走るときは熱中症の予防に水分補給はもとより塩分補給も欠かせません。市販のスポーツドリンクには塩分はというかナトリウムが含まれていますので、走るときの水分補給をスポーツドリンクにしていれば、深刻な塩分不足は避けられます。

ですが、スポーツドリンクの、あの甘さがしつこくて、長いこと飲み続けていると口の中がネバネバするように感じるのは私だけでしょうか?
ですので、ロングライドの時はスポーツドリンクを水で半分か1/3ぐらいの濃さに薄めて飲んでいます。またロングライドの後半になると、1/3の濃さでも甘さがしつこく感じるときがあるので、そのときは市販のミネラルウォーターをそのまま飲み続けています。そうなると、今度は塩分不足が気になります。

大量に汗をかいたとき、水分補給だけで塩分が不足していると集中力が低下したり、筋肉がつったり、けいれんする事があるそうです。
ロングライド後半にそのような兆候を僅かでも感じてくると、私は塩分不足を疑って写真のような食塩の錠剤を1つ(0.5g)か2つ、水と一緒に飲むようにしています。

まだまだ残暑が厳しそうですが、ロングライドをされる方は塩分不足には十分に気を付けてください。




関連記事



















管理者にだけ表示を許可する


Page Top↑

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

メールを頂ける際は以下から

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。