スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ロードバイクのハンドルやサドルのセンター出しを正しくする方法

ちょっとしたコツの紹介です。
ロードバイクのサドルの高さを調節したとき、サドルが左右に曲がらず車体に対して真っ直ぐに取り付けることは非常に重要です。ちょっとでも左右にずれていると、特に長距離走ったときに膝を痛めたり、片側だけ太ももの内側をすりむいたり、そこまで行かなくても、ずれていれば座って違和感があって、あまり気持ちよく走れません。

右利き、左利きと同じように人間には利き目がありますので、真っ直ぐに正面から物を見るというのは意外と難しいものです。そこで、私が使用しているのは、下げ振りという道具です。
ロードバイクのサドルやハンドルののセンター出しに使用する下げ振り
何のことはない、単なる円錐形のおもりですね。本来の使用目的は建築現場などで垂直を確認するときになどに使用します。

この下げ振りを付けた糸をサドルの先端、中央部にビニールテープなどで固定して、下げ振りがトップチューブの上側に来るようにします。
下げ振りをサドルの先端中央部に固定して、トップチューブ上に垂らす
後はとても簡単、下げ振りの先端部がトップチューブの真ん中に来るように角度を調節して、シートクランプを締めれば完成です。
下げ振りの先端がトップチューブの中央に来るように調節する
一つ注意しなければいけないことは、バイクが垂直に正しく自立していないと、この方法は使えません。私は水準器を持っていたので、シートチューブに水準器を沿わして垂直を確認しました。水準器をシートチューブに沿わして垂直を確認する
水準器がなければ、サドルの調整に先立って、下げ振りを付けた糸をタイヤの横に垂らして垂直を確認しても良いでしょう。

また、この方法はハンドルやステムを交換したときなどにも使えます。
ハンドルの上に物差しを置いて、ハンドル幅の真ん中部分から下げ振りの糸をテープで固定します。さらに調節中、物差しが動かないようにテープでハンドルに仮止めしておくと良いでしょう。
下げ振りをハンドルの上に渡した物差しの中心部から垂らす
このように下げ振りを固定したら後は簡単、下げ振りの先端がタイヤの中心部分に位置するようにハンドルの角度を調節すれば、ハンドルと前輪は正確に直角に固定されます。
下げ振りの先端を前輪の中心部になるように調節する
ハンドルやサドルが真っ直ぐに固定できているか不安な方は、ぜひお試しください。


amazonで下げ振りを検索する




楽天で下げ振りを検索する


関連記事



















管理者にだけ表示を許可する


Page Top↑

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

メールを頂ける際は以下から

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。