スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ロードバイクのメンテ&修理

IMG_3676.jpg
何冊目かの(笑)、メンテナンス本を購入しました。ディレイラーの調節や組み付け方などは、各コンポーネントメーカーの最高級品が中心です。ちなみに私のロードバイクはシマノのSORAですが、同じメーカーであれば、最高級品も低位グレードも、メンテナンス方法にそれほど違うことはないと思いますので、十分に役に立ちます。

またコンポーネントのメンテナンスだけでなく、この本はそれ以外にも結構マニアックな部品についての紹介もありました。

たとえば、最近はやりのチューブレスタイヤなんかは、ハッチソンとIRCの2つについて脱着が説明してあったり、
あるいはBB(ボトムブラケット)の脱着についてもホローテック、ウルトラトルク、スクエアテーパードのほかに、BB30についても説明がありました。

またインテグラルタイプのアヘッド小物のメンテナンスと調整については4ページ分に渡って細かく解説していました。いずれは、ヘッド小物のメンテナンスを自分でやったみたいと思っていたので、このページのために購入したようなものです。

アクセサリー類についての説明もあって、リクセン&カウルのフリーパックスポーツの取り付け方が紹介しあったり、GENTOS閃SG-305をバイクガイのライトホルダーで固定する様子とか、フロアポンプのチューニング方法とか、他のメンテナンス本では、紹介されないであろう内容についても細かく紹介されていて、パラパラとページをめくるだけでも結構楽しめます。

唯一の難点は、この本を読むと、新たに工具が欲しくなったり、新しいアクセサリーが欲しくなることでしょうか。
ロードバイクに乗られている方は、一冊あっても損はしないと思います。




amazonでは、まだイメージが掲載されていないみたいです。
ISBN番号では、手元の本と一致しているので間違いはないと思います。


楽天ブックスにはイメージが掲載されてました。




関連記事



















管理者にだけ表示を許可する


Page Top↑

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

メールを頂ける際は以下から

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。