スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




TIMBUK2クラシックメッセンジャーバッグSサイズのレビュー

日帰りのツーリングや近所に軽い買い物に使うためにTIMBUK2のクラシックメッセンジャーバッグのSサイズを購入しました。購入してから2週間ほど経過したので、軽くレビューをして見ます。
TIMBUK2クラシックメッセジャーバッグSサイズ
もともと色とか形にこだわる正確ではないので、Amazonで一番最初に目に付いた色を購入しました。なので、どのような色の名前が付けられているのか、さっぱり分かりません。
まっ、こんな感じの色を購入しました。(^^;)

このSサイズですが、メーカーのWEBページによると、Sサイズは
トップ幅36.8cm、ボトム幅30.5cm、高さ24.9cm、奥行き13.5cm、容量 12.2Lとのことです。
これが、日帰りのツーリングには大きくもなく、小さくもなく私にはちょうど良い大きさです。

TIMBUK2のクラシックメッセンジャーバッグはXSサイズからXLサイズまで5つのサイズがあって、XSサイズも良さそうでしたがXSはクロスストラップが付けられません。クロスストラップがないと、前傾姿勢をとるロードバイクでは、身体の前に回ってきてしまい、使えないと思いますので、クロスストラップの付いているなかで一番小さいSサイズにしました。
40KB (425 x 285) TIMBUK2クラシックメッセジャーバッグSサイズの裏側
裏側にはこのようにクロスストラップが付けられます。

ちょうど日帰りのツーリングに行ったときの装備を入れてみました。ロード用の輪行袋、ニーウォーマーとアームウォーマー、ウィンドブレーカーです。どれもきちんと畳まずに適当に放り込んだのですが、もちろん、まだまだ容量的には余裕があります。
TIMBUK2クラシックメッセジャーバッグSサイズに日帰り装備を入れる

バッグの内側、身体と接する反対側には、ジッパー付きの仕切りが2箇所、ペンケース、携帯電話電話用(?)の仕切りなどがあって、財布やごちゃごちゃとした小物がバッグ底で散らかることなく、整理できます。
TIMBUK2クラシックメッセジャーバッグの仕切り

また蓋を開けた表側には、ジッパー付きのスペースに鍵束をぶら下げるためのストラップが付属していて、ロードバイクを止めるときのチェーンロックの鍵などを繋げておくことができます。更にジッパー付きのスペースの裏側にも小さなスペースがあって、ここに小型のデジタルカメラなどを入れることができます。こうしておくと、ツーリング途中にちょっと気になる風景があっても簡単に撮影できるので、なかなか便利です。
TIMBUK2クラシックメッセジャーバッグの表側の仕切り

バッグの記事はかなり厚めのナイロン生地で、届いたときはゴワゴワしていて、身体に馴染みそうに思えなかったのですが、いざ使用してみると、これが意外なほど背中にピッタリとフィットして、走行中はバッグの存在を忘れるほどでした。また、生地の表面は多少ざらつきのある記事ですので、これが背中とある程度の摩擦を生じて、ずり落ちにくいのだと思います。

もちろん、摩擦があるといっても、クロスストラップを外せば、簡単にバッグを身体の前に持ってくることができますので、メッセンジャーバッグの使い勝手は全く損なわれていません。

やはり定番というか、人気のある物には、それなりの好さがあるのだと改めて感じました。バックパック背負うほどのこともないし、バックパックでは荷物の出し入れが不便と感じいている方は、ぜひTIMBUK2のSサイズをお薦めいたします。



関連記事



















管理者にだけ表示を許可する


Page Top↑

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

メールを頂ける際は以下から

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。