スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードバイクの前後にビデオカメラを取り付けてみました

『通勤用ロードバイクに、後ろ向きのビデオカメラを取り付け』でご紹介した通り、後ろ向きにビデオカメラを取り付けてみました。単に後ろ向きの画像だけでは面白くないので、前後の画像と合わせて見られるように編集しました。


今回は特に危険な目に合ったとか、逆走に遭遇したわけではありません。(笑)
淡々と走っている風景をお楽しみください。

なお使用したビデオカメラは2010タキオンXCというビデオカメラです。ハイビジョン画質ではありませんが、単三のエネループ2本で、3~5時間ぐらい(かなり気温に影響されます。低温時ほど短くなります)は連続して撮影できるのでとても気に入っています。
それにして側方間隔を十分に確保しないで追い抜いていく自動車が多いですね。






楽天でタキオンXCを検索する

スポンサーサイト

通勤用ロードバイクに、後ろ向きのビデオカメラを取り付け


今まで、ハンドルの上に前向きのビデオカメラは取り付けていましたが、後ろ向きにもビデオカメラを取りつけました。
故意に悪質な幅寄せや割り込みなどをしてくる自動車を撮影するためです。

前方だけのビデオカメラだと、真横から寄ってくる車は撮影できませんからね。幅寄せした自動車が、ビデオカメラの撮影範囲に入ったときには、距離があってナンバーが判別できなくなっていることもありました。

今までの経験から、そのような自動車は、大抵自転車の後ろにピッタリ追走して必要以上に長時間煽ってから、追い抜きざまに幅寄せなどをして来ることが多いです。
となると、後ろに追走して煽って間にナンバープレートなどを撮影すれば、よいのでは?と思いカメラを取り付けました。

まだ画像は確認できていませんが、近日中に公開予定です。

デュラエース ケーブルアジャスター SM-CB90

最近、日帰りで100km~150kmまでの短距離ではGIOSのSPAZIOに乗っています。GIOSのSPAZIOについては、拙ブログの
GIOS SPAZIOの現在の姿』や『GIOS SPAZIO』も見てくれるとうれしいです。

このGIOSのSPAZIOですが、一つ困ったことがありました。それはカンチブレーキのBR-CX50本体およびブレーキレバーのBL-R400にクイックリリース機構がないため、ホイールを取り外す時に、ブレーキシューがタイヤに引っ掛かりタイヤを取り外しにくいことでした。
その後、レバーをテクトロのRL540に取り換えたことにより、ホイールを取り外す時にブレーキワイヤーを緩めることができるようになったのですが、先日シマノからブレーキワイヤーのクイックリリース機能付きのアジャスターを見つけたので使用してみました。
シマノSM-CB90ケーブルアジャスター


Page Top↑

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

メールを頂ける際は以下から

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。