スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車でも道を譲ろう【動画】

いくら交通弱者だからといって、何をしても良いわけではありません。
狭い道を前方から大型乗用車が走ってきました。道の幅と車の大きさを考慮すると、自転車が安全にすれ違える余裕はなかったので、車が通り過ぎるのを待っていました。
自転車でも道を譲るべき場面 ドライブレコーダー
そこに無理やり自転車が突っ込んで行きました。
スポンサーサイト

赤信号で停止した自転車の横ぎりぎりをすり抜ける自動車【動画】

余裕をもって赤信号で止まっても、後続車が停止してくれないこともあります。
信号無視で自転車の横ぎりぎりをすり抜ける自動車
車で走っている場合、赤信号で停止すれば、後続車も当然停止してくれますが、自転車で走っている場合は、停止してくれないことも珍しくありません。今回がそのようなケースでした。

事故寸前!堺筋を無灯火で逆走してきた自転車【動画】

今回は、自動車に搭載したドライブレコーダーの画像です。
夜間、無灯火でスポーツ自転車に乗って、車道を逆走する自転車に遭遇しました。
堺筋を無灯火で逆走してきた自転車
大阪市の中心部にある大通り、御堂筋、堺筋、松屋町筋は4車線あるのですが、4車線とも南北どちらかの一方通行です。
きちんと起点と終点は調べていませんが、一方通行の標識の下によくある『自転車を除く』の補助標識がありません。つまり車両の仲間である自転車も実は一方通行なのです。

幅寄せする大型トレーラー【動画】

片側2車線、比較的空いている道路の左側車線の左側を走っていても、特に悪質な幅寄せをされることがあります。
幅寄せする大型トレーラー
場所は大阪府守口市の府道13号線(旧国道1号線)の金田町2丁目交差点を大阪市内向きに少し過ぎたところでした。

目前を横断する猫【動画】

道路では、いかなるときも弱者優先。横断歩道を渡ろうとしているときは、その前で停止して道を譲らなければいけません。そう、渡ろうとしているのが猫でも(笑)

ロードバイクの目前を横断する猫

どうして猫は直前を渡ろうとするのか。

逆走から信号無視して右折してきた自転車【動画】

タキオンXCというビデオカメラをドライブレコーダー代わりにロードバイクに搭載して、毎日自転車通勤しています。朝の時間帯は特に学生の乗った自転車は特に交通ルールを無視した乗り方が目立ちます。
青信号を直進していると、交差する道路の左側から信号を無視して右折してきた自転車に遭遇しました。
ここは信号無視の自転車が多いので注意していたので、正面衝突は避けられましたが、タイミングが悪ければ、正面衝突もありえた瞬間です。


この後、さらに逆走自転車にも遭遇します。

ロングライドに出かけるときの装備(工具編)

ロングライドに行くときの装備、何を持っていって、何を持っていかないか。どなたも悩んでいると思います。私も常に悩んでいます(笑)
基本的に心配性、子供のころに参加していた(そして今も副長として参加している^^;)ボーイスカウトのモットーでは「そなえよつねに」(Be prepared)を叩き込まれます。まぁ、「そなえよつねに」は道具というよりも知識、技能を備えておけって意味のほうが大きいと思いますが。

心配しすぎれば、あれもこれもと増えていきますし、行き過ぎればえぇ~い工具箱と衣装ケースごと!なんてことになりかねないので、いま現在、私が持参している装備をご紹介したいと思います。まずは工具から。

ロングライドで携行する装備、タイヤレバー、チェーンカッターなど
工具はできるだけ各々の使い勝手が良くて、汎用性の高いものを選ぶようにしています。たくさんあるので、番号をつけました。

自転車での信号無視・斜め横断・逆走の悪質な運転【動画】

自転車にビデオカメラ(2010タキオンXC)を取り付けて、毎日自転車通勤しています。残念なことに、自転車の信号無視、斜め横断、逆走、どれも毎日必ず一回は見かけます。が、その3つを一度に連続して実行する、信じられないぐらい悪質な自転車を見かけました。なお、振動によるノイズが激しいので音声はカットしています。

これは本当にひどい。

ベッセル(VESSEL)ペタドラ - ロードバイクの携行工具に仲間入り

ベッセルのL字型のオフセットプラスドライバーです。

ベッセル VESSEL ペタドラ L字型オフセットドライバー


ロードバイクでロングライドに行くときは、万が一のトラベルに備えて、工具を携行します。その中で、特に頭を悩ましていたのが、プラス(+)ドライバーの携行です。使用しているコンポーネントがアルテグラやデュラエースであれば、ブレーキの片効き調節も、ディレイラーのアジャストボルトなど全て六角レンチ(なぜか自転車界ではアーレンキーと呼ぶ)で回せるようになっています。
ところが105やそれ以下のコンポーネントでは、これらの調節ねじがプラスドライバーでまわすようになっているので、心配性な私はプラスドライバーを常に携行しています。

2012年走り初めを2010タキオンXCで撮影しました【動画】

こちらの『勝手プチ・グランフォンド?2012年走り初め行ってきました』では、『2010 タキオン XC(amazonリンク)』を搭載して、終日ビデオ撮影をしていました。
そのうち、下記の走行したルートの箕面付近から豊野町、能勢町、京都府亀岡市付近までの区間


を11倍再生にして、ご紹介します。

勝手プチ・グランフォンド?2012年走り初め行ってきました

お正月、食っちゃ寝を脱出すべく、走り初めに行ってきました。


より大きな地図で 2012年走り初め を表示

ルートラボでもGPSのログをアップロードしてみました。

ドライブレコーダーとしての2010タキオンXCレビュー・夜間走行編【動画】

『ドライブレコーダーとしての2010タキオンXCレビュー【動画】』にて、朝の通勤時の様子を撮影した動画を掲載しましたが、今度は夜間走行の様子を撮影しました。



Page Top↑

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

メールを頂ける際は以下から

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。