スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PD-M530とPD-M520ペダルの踏み面を比較

ペダルをPD-M530に交換で、PD-M530とPD-M520の比較を行いましたが、実際にペダルを取り付けて、シューズを固定したときの踏み面の比較を行いました。
まずは今まで使用していたPD-M520にシューズを固定したときの裏側の様子です。
シマノ SPDペダル PD-M520とシューズとの踏み面の様子
ペダルの小ささから予想できていましたが、こうして裏側から写真に撮ってみると、シューズと接している面は非常に少ないですね。
続いて、PD-M530にシューズを固定したときの裏側の様子です。
スポンサーサイト

ペダルをPD-M530に交換

レースに出るわけじゃないし、歩きやすいという理由でビンディングペダルはシマノのSPDを使用しています。特にストップアンドゴーが多い市街地では両面タイプのSPDはとても付け外しが楽です。ですが、SPDには一つ弱点があります。それは、シューズの接触面が少ないためか、なんとなく安定性にかけるところです。もちろん走る分には何ら問題はないのですが、ロングライドで疲れたときなどは、シューズとペダルが点で接しているような感覚が気になってきます。

私の場合、踏み込んだときに足首が小指側を下に少し傾いている気がするんですよね。もちろん、ペダル軸は曲がっていませんし、疲れていないときは気にならないので、僅かな差だとは思うのですが。まぁ、これはSPDペダルの宿命というか、SPDを使う以上仕方がないものだと思っていました。そんなSPDですが、先日シマノから踏み面が大きいSPDペダル、シマノ PD-M530が発売されました。シマノ SPDペダル PD-M530 トレイル用

Page Top↑

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

メールを頂ける際は以下から

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。