スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六甲山ヒルクライム逆瀬川ルート詳細

六甲山に逆瀬川駅方面から登ってみましたにて、ルートラボでGPSのログを掲載しましたが、今回は、その詳細です。
私が使用しているGPSはユピテル(YUPITERU) ATLAS ハンディGPSマップ ASG-CM21です。
これにオプションのケイデンスセンサー OP-ANTCA02をバイクに装着して、胸にはハートレートセンサー OP-ANTHR03をつけて、走行しています。
ASG-CM21には、自動ラップ機能というものがあり、指定した距離を走行するか、もしくは指定した時間を経過したら、その区間の速度、心拍、ケイデンスなどを自動で記録することが出来ます。
今回、六甲山に登るときには、この自動ラップ機能を使用し、10分毎のデータを記録してみました。
まずは、逆瀬川駅横の踏切を出発したときの1本目のラップです。

ASG-CM21に記録されているログによると、
走行距離2.5km
平均ケイデンス72rpm、平均心拍147bpm、平均速度15km/h
最大ケイデンス89rpm、最大心拍159bpm、最高速度20.7km/h
ルートラボによるデータでは
距離 2.6km 最大標高差 108m 
平均斜度 全体:4.1% 上り:4% 下り:0%
獲得標高 上り:99m 下り:0m
平均出力 110.7W

でした。逆瀬川ルートはゴルフ場を過ぎる辺りまでは、比較的傾斜が緩やかで、記憶ではフロント34T、リヤは19Tか21Tあたりを使用していたと思います。
続いて、2ラップ目です。
スポンサーサイト

122.4Wでした

ルートラボが上り区間の簡易出力表示に対応しました。求め方は高低差を表したプロフィール図の上り区間をドラッグするだけです。
さっそく先日の六甲山に上ったときの出力をもとめたら、122.4Wでした。えらい低いですか、まっこんなもんですかねー

六甲山に逆瀬川駅方面から登ってみました

先日、六甲山に初挑戦しますとの記事を書きましたが、実は先週、先々週と2週連続で挑戦してきました。1回目は逆瀬川駅から一軒茶屋まで、約1時間30分、2回目はペースがつかめたのか、1時間12分ほどでなんとか登れました。はい、もちろん遅いです。ですが、事前に11-28Tのスプロケットに交換していたおかげで、ギリギリ足を着くことなく、登りきれました。最低ケイデンス30なんて区間もありましたが。
2回目はGPSのログを取得しましたので、とりあえず速報です。



GPSには10分ごとに自動でLapを刻めるように設定したので10本ごとのLapを後日掲載したいと思います。

Page Top↑

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

メールを頂ける際は以下から

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。