スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パールイズミのウィンターグローブを補修してみました。

これからの時期、ロードバイクに乗るには、冬用の上質なグローブが欠かせません。私がこれからの時期愛用しているのはパールイズミ7215ウィンターグローブです。適用温度は5℃とのタグが付いていますが、前シーズンの経験では気温1℃で走り出しても、多少指が冷たいかな?という程度で、十分に使えました。気温が10℃~5℃の間なら全く寒さを感じませんでした。(寒さの感覚は個人差があるので、あくまでも参考に留めてくださいね)

で、そのパールイズミのウィンターグローブですが、去年の11月頃に購入して、今年もそのまま使用するつもりでしたが、とうとう指先が破けてしまいました。
パールイズミ7125ウィンターグローブ、酷使により指先が破れる
ちょうどデュアルコントロールレバーの操作をするときにレバーと接触する部分が擦れて、生地が薄くなって破けた感じです。まぁ、毎日の自転車通勤と、週末のライディングと、週のうち6日程度は使い続けていたので、仕方がないといえば、仕方がないですね。この手のグローブとしては、よく持ったほうだと思います。
ですが、そこは貧乏性。決して、安いグローブではないので、指先が破れたぐらいでは、なんとか補修して使い続けたいです。そこで、ダメもとで補修に挑戦してみました。
スポンサーサイト

小型ドライブレコーダーをロードバイクに取り付けて、撮影してみた。

自転車に取り付けできる懐中電灯型の小型ドライブレーダーを入手したので、ロードバイクに取り付けて、箕面勝尾寺から下った様子を撮影して見ました。


使用したドライブレコーダーは

Page Top↑

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

メールを頂ける際は以下から

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。