スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




意図的で悪質な幅寄せにあいました【動画】

自転車で車道を走行していると、嫌がらせの幅寄せをされることは何度もありましたが、今回のは特に悪質で、殺意すら感じるものでした。
1BOX車による悪意を持った意図的な幅寄せ【動画から抜粋】
大阪府守口市にある旧国道一号線と中央環状線との交差点での映像です。

交差点の名称は大日交差点です。自転車で左折専用車線を走行して、左折しようとしていたら、後方から­追い越してきた1BOX車が幅寄せをしてきました。

すぐに追い越して前を走ればよいのに、わざと併走して幅寄せしてきました。明らかに意図的な運転だと思われます。なお自­転車には1000ルーメン(メーカー発表値)のLEDライトを高速点滅させているので、ドライバーが気が着かない可能性は低いはずです。車種はトヨタVOXY、大阪501­ほ4583です。経験上、この手の嫌がらせの幅寄せをする車は1BOX車が圧倒的に多いです。

なお、この場所は歩道も広く自転車レーンも部分的にありますが、地下鉄大日駅の入り口に近いということもあり、朝の時間帯は歩行者も多く、歩道を自転車で入るのはとても危険です。また歩道上に色分けをして自転車の走行するルートを示しているいわゆる自転車レーンは、道路交通法の自転車道ではありませんので、走行義務はありません。

道路交通法第2条第1項第3号の3には次のように定義されています。
--------------------
自転車の通行の用に供するため縁石線又はさくその他これに類する工作物によつて区画された車道の部分をいう。
--------------------
つまり、「車道」を区画割して、「縁石線又はさくその他これに類する工作物」で示されていなければ道路交通法上の自転車道ではなく、そうでない歩道上の自転車レーンを自転車が走る義務はありません。

歩道上に色分けされただけの自転車レーンは、あくまでも歩道上を自転車で走行するときに、自転車が通るべき場所を示したものであり、「車道を走らず、歩道上の自転車レーンを通る義務がある」ではありません。よく自動車のドライバー等から「歩道上の自転車道を走れ」という指摘もいただきますが、それは間違っています。

これ以上の説明は、記事の趣旨と離れてしまうので、詳しくは下記のページをご参照ください。
自転車道は通らなくても良い
そこは(道路交通法上の)自転車道じゃないかもしれない
関連記事





先日、危険な幅寄せ追越しをされました。接触はありませんでしたが、接触がなくとも暴行罪の要件を満たすことを刑法の本を持参して主張を通し、証拠動画、証拠画像、故意の証明まで行うことで刑事さんが「暴行罪」として対応してくれました。ただ、知識と根気がある程度必要ですね。なお、先のコメントの「状況証拠」は誤りで、動画による「直接証拠」が正でしたので訂正いたします。
by: 黒田 * 2015/02/11 17:51 * URL [ 編集] | UP↑

警察はバカだからね。接触しなくとも、自転車を追い抜いてすぐに左による行為は、自転車に危険な目にあわすことを容認しているから、暴行の故意は状況証拠だけで十分成立しますよ。自分が同じ目にあったら、被害届でなく告訴します。
by: 黒田 * 2015/01/06 22:39 * URL [ 編集] | UP↑

悪質ですねまったく。
意図的な幅寄せは殺人未遂にあたる可能性があります。
by: tkmdr * 2012/12/22 17:58 * URL [ 編集] | UP↑
以前相談したことがありますが
コメントありがとうございます。
以前にも幅寄せされたことがあり
http://youtu.be/tOdaUZLPJQg
の映像を手に大阪の守口警察に行って、相談したことがありますが、明らかに迷惑そうな顔をされて門前払いでした。警察としては接触していない限り、何も出来ないと、言われています。暴行罪で被害届けを出したいと申し出ても、接触していない限り・・・と壊れたレコードのように繰り返すばかりでした。
by: おっくん * 2012/08/17 10:38 * URL [ 編集] | UP↑

自動車による自転車への幅寄せは暴行罪として立件できるようです。
詳しくは、幅寄せ 暴行罪 でWEB検索してみてください。未必の故意、というキーワードを足すと、より深い資料が見つかるかもしれません。
車道を正しく走る自転車という弱者に対する殺人未遂的な暴虐運転など、絶対に許してはならないのです。幸い、証拠動画はありますし、ナンバーも鮮明に映っています。証拠はあるのです。
積極的に被害届を出して、交通弱者優先の安全運転ができない暴虐的な交通犯罪ドライバーに相応の刑罰を与えなければ、日本の自動車運転手は襟を正しません。自動車のハンドルを握ることにより、気が大きくなってしまような未熟者から免許を剥奪し、市民らの安全を確保する努めが、良心の残された市民にはあります。私もあなたを応援し、支持します。
by: 佐藤 * 2012/08/16 19:48 * URL [ 編集] | UP↑















管理者にだけ表示を許可する


Page Top↑

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

メールを頂ける際は以下から

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。